□ 自然を慈しみ美を愛するPhotoLife /  BGM-G線上のアリア
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬に雪が降り風が吹き寒い夜には、木々に雪が積もり凍てつく。
朝日が当たるころ、きらきらと枝の上で雪が輝く・・・・・・キラリ

まれで小さな光が制覇したような勢いで輝く。

太陽が当たるころ雪がとけ凍てついた氷がきらきらと輝きながら、光り輝く。
虹色の光を放ち輝く。

夜、深深とまた雪が降る・・・・・・・・・・・・静かに深深と積もる・・・・・・・


2009162

2009161

2009163

スポンサーサイト

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

飛騨古川記載、今回で 完・・・・・いてくださりありがとうございます
次回は 新潟県妙高市より雪ガ織り成す水と風と木々の自然をお伝えさせていただきます。
楽しみにしていてくださいね


招き猫の起源

たくさんの招き猫と出会える場所
・招き猫ミュージアム  http://www.luckycat.ne.jp/
・招き猫美術館     http://www.manekineko-m.jp/


招き猫は江戸時代末期に生まれたとされ、現在まで150年以上もの長い間人々に福を招き続けています。

招き猫はどちらの手で福を招いているかご存知ですか?
招き猫には、右手で「お金を招く」のと、左手で「人を招く」ものがあります。

三毛色の招き猫が主流ですが、金色や黒色などの色別で更なるご利益をうたっているものが出てきているようです。



南京錠の起源

南京錠は秦の交易で日本に入りました。
頑丈な上あけにくい点が日本人に好まれたようです。
よく映画では時代劇の蔵や牢屋にしっかりとがチャットかけられているのがよく見かけます。
秦や朝鮮から入ったのを改良を加え日本人好みにだんだん変えていきました。

そういったことはにほんじんは起用であり頭脳がよいこれが元になり加工貿易が盛んになったんでしょうね。


2009144

2009145

2009146

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

お越し太鼓将に男の太鼓、男気の表現
起こし太鼓は、古くは祭りの開始を告げる合図として太鼓を打ち鳴らしたことに始ったといわれる。
4月19日の夜9時半から20日未明にかけて行われる大神事となった。

出立祭が終わると、「起こし太鼓主事」の総司がやぐら上に登り、起こし太鼓が始まる。
2人の裸男はやぐらの台上に取り付けられた大太鼓に互いに背を向けて股がり、百数十人の担ぎ手に担がれて交互にばちを振りおろす。
初めはゆっくり、そしてだんだん早くなり乱れ打ちとなる。
調子が再びゆっくりとなると起し太鼓は出発する。
付け太鼓は、起こし太鼓のやぐらの後方の最も近い位置に付けるのが名誉とされ、各町内の四ツ辻では、越し太鼓が通り過ぎると付け太鼓が跳び出し、付け太鼓同士がもみ合い、やがて後衛との激しいもみ合いも始まる。
こうした攻防を繰り返しながら各町内を回り、打ち止めとなる。

起こし太鼓は、やぐらに乗せた大太鼓に若者がまたがって打ち鳴らし、付け太鼓を手にした裸男たちがやぐらをめがけてぶつかり合う。
裸男が激しくぶつかり合いながら深夜午前1時半頃まで太鼓を打ち鳴らし、町内を巡航。最後は、打ち出しの元の場所へ戻ってくる。ここでは、乱れ打ちで打ち止めを迎える。

2009142

2009143

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

写真上
大きく店を構えているみやげ物や、いろんな品物も扱っており郵便も取り扱っていた。
店の前には昔懐かしい赤いポスト
最近では角型になりこの細長い赤い丸型は見かけない懐かしい一品だ。
とりわけ人通りはいまいちだったけれどきっと祭りとかにぎわう日には店は大半儒大忙しなのだろう。

写真下
町で見かけた古道具屋さん
意外と時代劇でも出てきそうな店の構え懐かしく除いてみたくなりあけようとしたがしまっていた。
あまりお客も来ないのかと残念でした。
こういった店はやはり古川高山には多いので格子の構えがとても今は新鮮だ。

2009141

2009140

テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

三寺参りにも欠かせぬ三嶋蝋燭店
瀬戸川沿いに70~80センチの大きな輪蝋燭が並び風情をかもしだす。

NHK朝の連ドラのさくら
主人公さくらが下宿することになった店
三嶋和ろうそく店は、江戸時代から続く「生掛(きがけ)和ろうそく」の老舗。さくらにも登場した和ろうそく造りの工程が見学できます。
ご主人がろうそくをとかせた器の中で丹念に芯にロウを流して重ね塗りしていきます。

和ろうそくの原料は、
はぜの実、ろうそくの心は和紙とイグサの燈芯に真綿をまきつけたもの

丹念に作り
生掛(きがけ)和ろうそく
(1) 朱ろうそく
(2) 白ろうそく

お祝いの品としても赤いろうそくは使われるそうです。
三嶋蝋燭店内にはドラマのさくらの写真がかざられています。

和蝋燭は風も吹いていないのに時折炎が上下するとか、そんな時古川の人は神様がいらしたとゆうらしい。


2009139

テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 四季彩花, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。