□ 自然を慈しみ美を愛するPhotoLife /  BGM-G線上のアリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜中に見に行ったら、今一個また咲いています
色は写真のとおり水色一色。月明かりに照らされてすごく幻想的に感じます。
明日の朝また咲くかと思うと感無量です。
t_aaooasagao3.jpg


スポンサーサイト
我が家でこの夏はじめた咲いた一番乗り朝顔。
ビロードをヒロが多様な繊細な青色に星型に白色が入り見事な朝顔が開きました。
今年植えつけたのは白・赤紫・ブルー・水色など青色が一番に喜ばせてくれました。
朝顔は花が咲き出すと根元の葉が、黄色く変色を始めます、追肥してやらないといけないですね。感謝のつもりで追肥します。
asagao2.jpg



blogランキングへ"ここをクリックしてね"

今週の一週間の花特集
スイカズラとビョウ柳
スイカズラは、少しずつ花をつけだした、ツルもだいぶあっちこっちと新芽を広げだいぶ窓を覆うようにまで、成長日々花をつけて咲かすだろう。
ビョウ柳は特に好きな花で自分の携帯の画像に設定したくらい好きな花。
tokusyubyouyanagi2.jpg

tokusyubyouyanagi2.jpg

blogランキングへ"ここをクリックしてね"

アジサイの七変化カメレオンは以前も掲載しましたが、今我が家の庭に墨田の花火が満開を迎えています
ほんとにパッと開いた姿が花火のようで華やか。
t_aaoosumida.jpg

blogランキングへ"ここをクリックしてね"

今回やった消毒はすごかった。
2時間くらい後に蒸発するときに毒気を出すそうですが、庭にいたであろうげじげじ、丸虫、ナメクジついでにアブラムシその他もろもろ、朝になって庭を見るとあっちこっちで息絶えていた。
特にげじげじはすごい殺傷力を受けていたようだ。
毛虫もいた。
今回消毒したおかげで庭のいやなものが一掃されたと思うと気分が最高になる。
時折やったほうが良いみたいね。
でもくれぐれもご主人にかけないでね~~~
た~いへん。

今日は夕方よりスミチオンによる植木の消毒を徹底的に行った。業務用の噴霧器を購入早速業務用スミチオンを一缶を1000倍に薄め葉の上から下からと一本残らず行った。全部やり終えるまでに1時間40分もかかってしまった。
去年は新芽をアブラムシなどにやられ被害が大きかったが今年は早期の消毒と今回の消毒で結構被害は目立ってない。
初めて知ったことですが園芸関連のアブラムシにスミチオンは知っておりましたが、家庭にいるゴキブリにもやはりスミチオン乳剤が効くとはじめて知りました。
そこで害虫の薬販売を調べてみると、やはり害虫用スミチオンが販売されていた
利くんですね。一個利口になったわ。

去年紫色の濃い花をつけた露草が今年は、ピンクの花を咲かせた。
この写真は花が落ちてしまったが、どうゆうことだろう。
アジサイは土壌により色が変化するといいますが、露草の花色が変わるのは始めてみました。これは土壌の影響ではなく、多分日光の当たり方かもしれない。今年は日差しが良くあたる場所においてあったから、それしか心当たりがない。
どちらにしても可愛い小粒の花をつけるので、いいのですが、どなたかわかる方いらっしゃるかしら。この露草今年で四年目です。今年は葉もしっかり太陽を一杯浴びてぱりぱりと、元気なんですよ。
tuyukusa.jpg

blogランキングへ"ここをクリックしてね"

春先から実り始めた梅の実大きくなったら何とかしよう、そう想いながら楽しみに眺めてきた、だんだん大きくなり夏の初めそろそろスーパーなどで売っている大粒の梅の実くらいになった。友人からも梅酒にしなさいね、とか娘から蜂蜜につけてとか、要望や期待もあったのだが、ううううう~本人は、そのうちやろうかななんてのほほんとしているうちに全部落ちてしまった。
最後に残った実が少し柔らかく黄色くなったのでかじってみた。
なんとこれが正直甘くておいしいスイミットウを小さくしただけの美味しさ。結構いける。でずぼらなわたし、来年は熟れるたびにじかに口へポイ・・・・・食べることにしようかな。
でも今年の数が相当あったから面倒でも来年は梅酒にします。
せっかくなった実無駄にしたのは本と撥が当たりますね。
梅の実さん・・・・・・ごめんね

昨日知り合いから大きな木の切り株を2個頂戴した
最初どうしようかと思ったが植木鉢の台にしてみたら素焼きの植木鉢に結構あう。
素朴な中に味のある切り株がそのままより生き返った気がする
写真をサムネイルで掲載クリックで拡大します是非見てねsskirikabu.jpg


これも室内にある観葉植物です
名前はスパシュフィラム緑のハランに似た葉に長く伸びた芯に白い花をつけます
お客様に備え以前買い置きしておいたのがいい具合に花をつけました。まだつぼみ状態ですがお客様がいらっしゃるころにはパッと咲いてくれていると楽しみにしてます。
t_DSCN1284.jpg

blogランキングへ"ここをクリックしてね"

庭ではないが室内においてあってアンシュリュームの花がやっと咲いた。独特の赤い色に緑の芯が出ている。パッと見た目は綺麗ではないが大きな緑の葉っぱと赤色が実にマッチして室内を華やかにしてくれる。
ansuri-mu.jpg

blogランキングへ"ここをクリックしてね"

山法師の花が咲いてから実らしきものも成長
上の写真が花が咲いたときのです
下のが花が散実だけが残った状態。
秋にはイチゴのような赤い実になるそうですが、何しろ初めて実がなります、また中継しますわ
で、味も食べてみようと思います。

yamahousi2.jpg

yamahousi2.jpg

blogランキングへ"ここをクリックしてね"


今年は庭にある竹が全部成長が著しい。
全部で8本ありますが、どれも新芽を吹き葉を茂らせている。
去年は毛虫に沢山葉を食べられましたが、今年は毛虫はいません。
先日皐月に大きいのがいましたが、撲滅しました。
でもまた出るかもしれないですね。消毒します。
take.jpg

blogランキングへ"ここをクリックしてね"


先日一輪白い花をつけたサマードレスが見る見るツルを長く伸ばしていた。支柱に沿ってくるくると巻き付いている
そのうち枝分かれし支柱一本では足りなくなる
楽しみがまた増えました。
samadore3.jpg

blogランキングへ"ここをクリックしてね"


風船かずらが成長
上がもらったときの苗
下が最近の写真地下植えしています。葉っぱもだいぶ増えたくましさを増しています。
kazura.jpg

kazura.jpg


blogランキングへ"ここをクリックしてね"

今週の特写
●伊吹山五合目に咲く→鹿の子草
水滴に写る世界が魅力的で、爽やかな五合目の春から夏にかけて一斉に沢山花が咲き始めます。

●近くの公園に咲いた菖蒲の花
春から初夏にかけ池や沼地など湿地に群生する菖蒲の花
見事な色あいと大輪の大きな花が印象的で最近は色も豊富。
菖蒲の葉を天日干ししたのち、浴槽に入れると1年風邪しらずとまで言われる。
kanokoso1.jpg

kanokoso1.jpg

blogランキングへ"ここをクリックしてね"

昨日までつぼみばかりだったこのアジサイ、我が家で一番最後に花が開いた。輪郭の色が一段濃く中は白くまるで蝶が羽を広げて沢山とまっているような綺麗な花を咲かせた。
この種類のアジサイは一本だけ2年前に植え替えたが去年は花をつけなかった、やっと今年落ち着いたのか綺麗な花を見せてくれる。
19ajisai.jpg


blogランキングへ"ここをクリックしてね"

今日から今週の一眼レフ特写を掲載
今週は鹿の子草と菖蒲の花、サムネイルで拡大表示します
ぜひ見てね。

blogランキングへ"ここをクリックしてね"

今年はアメリカンブルーも紫陽花も沢山花をつけた。
アメリカンブルーは青がとても綺麗です。去年はもう少し青色が薄かったように記憶していますが、今年の青は真っ青です。
また紫陽花は同じ土の花壇なのに今年は青色ピンク白と色が違いとても綺麗。紫陽花は土の酸性アルカリにより変色すると言われますが、どうなんでしょうね。
18amerikann.jpg

18amerikann.jpg


blogランキングへ"ここをクリックしてね"

最近晴天が多くどくだみも旺盛に生えるが庭の水やりが一時間くらいかかってしまう。朝早くすればいいのだけど、動き出すと10時くらいやっとみずやりをはじめると日差しがきになってくる。それでもしっかりやらないといけないので暑い想いをしながらせっせとやる。
きょう、皐月に太い枝があるとじっと見つめると毛虫のお母さん。周りを見渡すと子供が一杯葉っぱにいる。早速割り箸でつまんでは捨てつまんでは捨て、全部で親一匹と子供32匹もした。結構多産系に驚いた。
おかげで、皐月の葉っぱあっちこっちが幹だけになり相当食べられていたのに唖然とした。
去年は毛虫があっちこっちに繁殖し大変な思いをした。今年も過渡明日にでも消毒をしないといけないかも。去年から毛虫が結構出回りだしたありがたくない話。
夏場の水やりで結構私の美貌は真っ黒け。何とかしなきゃ。

blogランキングへ"ここをクリックしてね"

植えつけてから一ヶ月以上の紫陽花・サマードレス・日日草を差ムネイルクリックで拡大写真が見れるように改造。
大きく見られてグ~です。
その他栽培記録などぜひご覧くださいね。
blogランキングへ"ここをクリックしてね"

nitiseiyo.jpg

blogランキングへ"ここをクリックしてね"
植えたときの二倍以上に成長
やった~って思いました。
去年もやはりすばらしかったけどあっちこっちに植えつけましたが全部成長はいいです。
ちなみに今年は植木類成長や実がなるのが豊富とかいい年です。
もっと大きく花一杯になると楽しみが増えます。

samadoresu.jpg

blogランキングへ"ここをクリックしてね"
やっと、一個だけ花をつけた。
ツルも順調に成長し支柱がいるようになった。
此花は長く持つし花自体が長持ちする夏の間から秋口までしっかり毎日花をつける結構お得なんです。
また花が結構目立ちます。ぜひ夏の蒸し暑いときお勧めよ。

kidati.jpg

blogランキングへ"ここをクリックしてね"
小さかったベゴニアがこんなに生長した
先日植木屋さんが見えて立派なベゴニアだねといわれちょぴり鼻が高~くなったような気もする
うん、実に良く成長した。そろそろ支柱をしないとね。

苗を植えてから約一ヵ月半ここまで葉が茂りツルを伸ばしだした。
まだ完全にツルがまきついていないものもあるが、これからの成長が楽しみ。
blogランキングへ"ここをクリックしてね"
sample3.html
asagaoa.jpg


本当に元気がありすぎるどくだみ数日来抜いても抜いても旺盛に芽を出すため植木屋さんが見えたときに処理をお聞きしてみた。
曰く、霧吹きで除草剤をまくと言いといわれた。
一瞬そんなことすると同じ場所に植えてある花も枯れるのではと質問すると、どくだみだけにかけるそうで、いまだやっていない。
もし、せっかく花が咲いている日日草に影響があるといけないと懸念するから。
除草剤ってなかなか使えませんね。
blogランキングへ"ここをクリックしてね"

こちらの大鬼蓮のつぼみが開花中。
花びらもまさに大きくつぼみも抱え込むくらいある。
開花した状態も実に見事ですが、開花途中の半開きもまた魅力ある蓮です。
blogランキングへ"ここをクリックしてね"
ooonihasu.jpg


高知植物園で見たのが最初で小学校のころ、大きな蓮の葉に子供数人が乗っても大丈夫だった。実に見事な皿のような葉が今も顕在していて滋賀県の水生の森で出会ったときはうれしくなってしまった。大きな蓮につぼみがつき、少しずつ開く様子を見るのが楽しくなる。葉の大きさは1メートル以上ある。
blogランキングへ"ここをクリックしてね"
oogahasu.jpg


古代の蓮を種から育てた大賀博士にちなんでついた名前の蓮で見事に歴史を彷彿させる見事さ。色はいろいろあり特にこの紫系は見事に古代蓮の特徴を描いている。埼玉県行田市が有名。
blogランキングへ"ここをクリックしてね"
kodaihasu.jpg


綺麗な水に育つ梅花藻は水面に花を出しゆらゆら藻のように流れながら咲いている。梅の花に似ており白い花びらが水面にきらきら光を受けて反射する様は実に美しい。
また水の透明度もほぼ100%美しい。
blogランキングへ"ここをクリックしてね"
baikamo.jpg



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2005 四季彩花, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。