□ 自然を慈しみ美を愛するPhotoLife /  BGM-G線上のアリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンピジューム

花栽培農家の温室お邪魔すると中は初夏の陽気が汗ばむ熱気でむんむん。気持ちよく撮影を許可していただきポピーを写させて頂きました。
いち早い春を肌で感じた日です

スポンサーサイト


春まであとすこし、こんなまだ冷たい風が吹くころ温室では暖かい光の中春に向けてチューリップの栽培がはじまっており、よい香りと彩り豊かな花たちが明るい光の中つぼみをたくさんつけている。
ほとんどはつぼみのまま出荷されるが気の早い花は開花しているものもあり小さな春を先取りした気持ちになれる。

椿

冬枯れの寂しい庭に色を添えるのが寒さが一番厳しいころに花をつける椿と山茶花たち、殺風景な庭がパット明るくなる瞬間だ。赤やピンクや白の花が綺麗に咲くといつまでも眺めていたくなるのもこのころの花かもしれない我が家の庭には赤・白・ピンクなどの椿と山茶花がある。
これから春に向け沢山花をつけてくれるだろ~と思うと気持ちは春になってします。

うめ

いち早く春を連想して心浮き立つのも梅の花が開くころ、寒さを乗り越えた木が小さなつぼみをいっぱいつけたときポット心が温かく春をかんじる。まだ開いたばかりの小さなつぼみが小さな花を咲かせた木です。

しくらめん2

華麗に開花したシクラメンその美しさをとろうと悪戦苦闘
やっと水滴と共に花びらをゲットできた。

blogランキングへ"ここをクリックしてね"

すいせん

最近は水仙も花びらにフリルがある種類とか品種改良などでふえた、質素さから言えば風情をかもし出すのは日本水仙、絶対推薦しちゃう。

blogランキングへ"ここをクリックしてね"



ちょっと細い竹撮り方により自在にできるのが魅力かも、絶対にお姫様は出ません。

しくらめん

シクラメンの花は撮影するには難しく感じる。
どこに焦点を持って行こうか新芽にしようか、それとも花びら?

blogランキングへ"ここをクリックしてね"

きく

室内に飾られた菊どこか暖かでホット安らぎそう。

季節の華やぎ

この季節花も少ない数輪咲いた水仙も倍の値打ちが出そうなかなやかさを漂わせていて実に見所かも、パット庭も春を思わせる。

blogランキングへ"ここをクリックしてね"


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 四季彩花, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。