□ 自然を慈しみ美を愛するPhotoLife /  BGM-G線上のアリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名神高速木之本ICから車で約五分。
高時川を渡ると石道の集落に入り、谷あいを奥ヘ進むと集落のはずれに石道寺がある。

石道寺は京都、奈良の寺院とは一味違う静観さがあるようにも思われます。
本尊の十一面観音のは穏やかな顔立ちとひなびた風情がなんとも言えません。

ぐるっと山間を歩きながらすぐ近くの鶏足寺まで足をのばして紅葉を楽しめます。

静けさの中にも侘び錆の佇まいが見事な調和をかもし出す。
インターからも近く便利の良い地の利です。

最近は穴場で無くなったので観光客が多く集落の道は細く難儀を強いられそうだ。





syaku10.jpg


syaku11.jpg






syaku2.jpg


syaku3.jpg


syaku4.jpg


syaku5.jpg


sayku6.jpg


syaku7.jpg


syaku8.jpg


syaku9.jpg


スポンサーサイト

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

秋の彩りに包まれた閑静な寺
日差しも柔らかく秋の色合いが反射見事な佇まいを見ることができた。
境内の中は広くあちこちに赤や黄色の美しい紅葉が日差しを受け輝く姿はカメラマンを夢中にさせる。

難をいえば、寺に来る道は農道であり昔ながらの細い道車が右往左往しそうな細道である。


toukoujt1i1.jpg


toukoujit4.jpg


toukoujit2.jpg


toukoujit5.jpg


toukoujit3.jpg


toukoujit6.jpg







テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

滋賀県東近江市の東光寺、山の山麓にある東光寺は、聖徳太子の開創と伝えられている。

最近隠れ名所として紅葉の時期は観光客やカメラ愛好家で賑わいを見せる。
境内は広く見事な枝振りの木々が目立つ。

普段は寂れた田舎にある寺の感じがゆがめないが、紅葉時期は古刹の見事な彩りに出会える。
赤、黄、緑と秋の彩が見事に交差した彩りはファインダーを覗く目をくぎずけにする。


toukujiimg1.jpg

toukouji4.jpg

toukoouji6.jpg

toukouji5.jpg

toukouji8.jpg

toukouji7.jpg

toukoujiimg3.jpg

toukoujiimg2.jpg

toukouji12.jpg

toukouji11.jpg

toukouji10.jpg

toukouji9.jpg


テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

琵琶湖の東安土に小堀遠州が手がけた庭園と
白州正子隠れ里のひっそりとした佇まいの教林坊がある。
この寺は聖徳太子が説法をした石座があり、
寂れた枯れ山水の回遊式庭園は、四季それぞれに輝きを見せてくれる。

大して広いわけではないが山門からなだらかな竹やぶの中を歩くがごとく
両左右に竹を配した道はまさに、侘びさびに通じる一面がある。

細い竹で設えた塀には季節の山茶花や椿が色をそえる。

k1_20111211182850.jpg

k2_20111211182850.jpg

k3.jpg

k4.jpg

k5.jpg

k17.jpg

m10221_20111211183006.jpg

k6.jpg

k17.jpg

m10221_20111211183006.jpg

k10.jpg

k7.jpg

k8.jpg

k9.jpg

k11.jpg

k12.jpg

k13.jpg

k15.jpg


テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

新潟県十日町市松代の 星峠 棚田

朝暗いうちに友と待ち合わせ十日町道の駅から棚田に向かう
あたりは車も見えぬほど山間の道は暗闇一色
ヘッドライトを頼りに山に深く分け入る

どうやら此処らしい
先頭の車が停車した、車からカメラを出し盛り上がった道に沿っていっせいに三脚を立てる

だんだんしらみかけた空から一筋の明かりがさす
山間の棚田の一日が明ける

自然の美しさを見た
暗闇から雲がわれるがごとく蒼の世界が広がり始めた
いっせいにシャッターを切る音が響く
誰も話さない
そんな時間は無い時間との勝負なのだ一妙も惜しみファインダーを覗く
一頻り写し終えるとやっと何処からとも無く話し声がほっとする一瞬だ。
自分ながら満足いく写真が取れた気がした
また自然の美その物を目の当たりにした満足感が漂う。


m102213.jpg

m102214.jpg

m102210.jpg

m102211.jpg


テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

妙高高原:不動滝
班尾高原:希望湖
早朝撮影:大田切渓谷


わいわいと集いながら歩きながら山々の秋色を探索
春・花のつぼみがほころぶような、心浮き立つようなそんな心持で山道をあるく。

もう少し歩くと真っ赤な葉っぱに出会える
その角を曲がると黄色の心ときめく山肌が見られる
なんて思い描きながら歩く山道も険しくもあるが息咳きらず秋の色合いをたのしみつつ歩けた。

m10226.jpg


m10225.jpg

m10224.jpg

m10223.jpg

m10222.jpg

m10229.jpg

m10228.jpg

m10227.jpg

m10221.jpg



テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2011 四季彩花, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。