□ 自然を慈しみ美を愛するPhotoLife /  BGM-G線上のアリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★春爛漫とは、まさにこのことかと思えるほど梅が匂うほどに咲き誇っていた。
花より団子まさにそうだけどやっぱり花は花ですよ。



梅が咲き誇りめじろが飛び交い、まるで桃源郷とでもいえるそんな梅園。
余計な言葉はまさに無用かもしれない、それよりも柔らかな春の風が吹いて甘い香りが飛び交うほうがいい。

ここ農業センターには古木がたくさんある。
面白いくらい湾曲した幹、どうしてこうなったのだろうと思えるほどくねくねした枝見ていても飽きないし、それどころかそんな湾曲した枝や幹から細い枝を伸ばしたくさんの花をつける。

それどころかどうしてそんな枝になる必要があるのかそちらが興味がある。
こんな疑問わたしだけかな~~


●この古木は皆さんの注目の的でした。
形がよくて花がたくさんついて枝垂れが長く花色がいい人間で言えば美人系なのですね。

場所によって花色に変化があるのは当然です
赤みが濃い花びらも少し薄めの花びらも、白に近い感じの花びらも同じピンクといってしまいますが、まことにたくさんの種類があります。

人間にたとえてはいけないけれど、色の黒い人から、色白少し褐色系とあるように見ていても色合いの微妙さに飽きることがないです。
ten91

ten92

ten93


●この日は天候もよく大勢がお出かけでした。
お友達どしだったり会社のお仲間のような方たち一番多いのが高齢者の方あるいは女性が多かったです。
女性の方はご近所だろうか誘い合ってといった感じ昼に差し掛かると寄り集まって座りお弁当、しばし笑いとおしゃべりの花が咲き乱れています。

また介護施設でしょうか車椅子で散策に見える方々花が癒しになるといいですね。
車椅子の女性が梅を見てとても顔をくしゃくしゃにして喜んでいる様子が今も鮮明です。

枝に止まっためじろくん何をじっと食い入るように見ているのでしょうか、相当遠くだと思います。
きっと遠くでお弁当を広げておしゃべりに夢中な女性のおかず・・・・・・そんなくいしんぼうでしょうか?

このめじろ君最初はまったく写す気持ちがなく遠くの竹林を梅越しに写していた。
え~~ファインダーを覗いている私の目が点に、めじろがレンズの中にはっきりと。・・・・・ゲットしかあるまい。
めじろ君ピンを合わせる間動かないでね・・・・・・気持ちが通ったようだまったく動かないいい子であった。
ten94


★こんなにまるで花びらのレースのような枝垂れ見ていても実に美しくて何枚も撮影した。
数え切れないくらい写した梅の花どれも同じはないけどまったく見事~~~も、ない。
今年の梅の撮影は私にとってすごく難しく思えたのです。

例年なら難なくパッパッパッパトシャッターをきる、だけど今年は気に入らない。
それどころか気持ちが梅の方に向いていないのだから気合も入らないのは当然、よって結果も当然だ。
ten95


★こちらのめじろ君は少し細身ダイエットに成功したのかも。
そう考えながら鳥を見たり心の会話をすると結構楽しいものです。
ひょっとしてそれをしていると他人に話すと・・・・・・・・笑えない。
ten96

ten97


めじろとゆう鳥は群れて飛ぶそうです。
人間にたとえると気が弱く昇進で寂しがりなのかな~~人間も同じかもしれない
だけどみんながいるから誰かが助けてくれるから、力あわせられるから、励ましあえるから、そう思うとすごく力強くたのもしいですよね。
そんなことをつぶやきながら見るめじろ君もまた変わった一面が覗けるがする。





テーマ:写真日記 - ジャンル:写真



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 四季彩花, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。